WEBを閲覧する通信回線の、ひかりは2種類あります

マンションでのWEB利用はひかりが良い場合 インターネットに接続しないとWEBページを閲覧する事は出来ません。現代のインターネット回線は最新の業者は2業者あります。最新の電話回線の業者でも従前と最新の電話回線を利用する事が出来ますが後者に乗り換えるには新たにプロバイダの変更とパソコンの買い替えをしないと通信はできません。現代のウェブページは仕様が大容量になっていますのでパソコンの買い替えが必要という事です。また来年の4月早々にマイクロソフト社はサポートの中止と仕様の変更に伴い従前のパソコンでは使用が難しくなります。パソコンを継続の利用する事を希望する人は現代の最新仕様のパソコンに買い替える必要があります。この事は光ファイバー回線でも同じことです。

光ファイバー回線はプロバイダが4社ほどしかありませんので個人の好みにより回線契約をしますが業者は1社です。従前から容量が高くても利用できる回線ですので映画などを楽しんだ人はいます。またマイクロソフト社のサポートが中止をしますとパソコンを買い替えるだけで対応できるようになっている回線であります。独自の回線を利用しての通信ですのでトラブルは現代までありません。実に快適な通信をしている事です。しかし住居地域と言う制限があることから、この回線当初は本島に自由自在に利用し、不自由を感じたことは1度もありません。それに対抗しているのが電話回線による、ひかり通信ですが地域により容量の大きい通信ができる回線を販売しています。


Copyright(c) 2019 マンションでのWEB利用はひかりが良い場合 All Rights Reserved.